和牛の祭典

2012.10.19ウェブマガジン更新情報

先週もご案内しましたが、
11月16日(金)19時より、ウィズラン主宰のセミナー、
「税務調査はココを見る」をアルカス佐世保にて実施します!
残り席もすでにわずかとなっておりますので、
ご興味のある方はお早めにお申し込みください!

昨日から、ハウステンボスでは和牛の祭典と称して、
全国の名産和牛が集まってくるそうですが、あいにくの天気・・・

私も明日明後日のどちらかで行きたいなーと思っていましたが、
昨日行ってきたという友人に聞くと、
すごい人だかり、土日は大変だろう・・・
ということで、人混みが嫌いな私は取りやめにしました(笑)

ところで、牛というのは会計上どう処理するかご存知でしょうか?
お肉や牛乳の状態であれば、当然「仕入」となりますが、
肉牛・乳牛の状態の場合では?

実は、建物や機械・自動車などと同様、
「固定資産」として計上し、減価償却もしなければいけないのです!
乳牛・肉牛であるか、種付用か繁殖用かなどで取扱いも変わるのだとか。
なんだかイメージが湧きにくいですね(笑)

しかも、他の機械や自動車と同様、
取得価格が30万円未満の場合は、
「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入」の特例により、
「消耗品費」として処理することもできるそうで・・・
(上限300万円まで)
なんだか、生きてる牛を「消耗品」とするのも忍びないですが(-_-;)

「和牛の祭典」に出されている牛も、
しっかりと減価償却された上で出品されてるのだなあ・・・
多分、消耗品費で処理されるような安い牛はいないんだろうなあ・・・
なんて考えるのは私だけでしょうか(笑)

①ネットジャーナル
   Weeklyエコノミスト・レター 2012年10月19日号
   ユーロ圏内の経常収支不均衡と成長・雇用格差
   -期待される統合深化による解決-

   経済・金融フラッシュ 2012年10月22日号
   貿易統計12年9月
   7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.7%程度のマイナスに

  ②経営TOPICS
   統計調査資料
   平成23事務年度
   法人税等の申告(課税)事績の概要

  ③経営情報レポート
   業務品質の向上を図る!
   業務マニュアル作成のポイント
  
  ④経営データベース
   ジャンル:事業承継・相続 サブジャンル:事業承継
   後継者の指名(経営者に実子のある場合)
   後継者を育成するためのスケジュール

   企業経営の各コンテンツをご覧になるには
⇒(http://www.bizup.jp/biz_member/kigyo/index.html)

ご相談
お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
0956-23-8338
受付時間/平日
8:30~17:30