事業継承 M&A

中小企業を長年経営していくうえで避けて通れないのが事業承継です。
自社を健全に継続するためには、経営を次世代につなげていくことが避けては通れません。

事業承継は大きく分けると2つに分けられます。

社内への事業承継 ⇒ いわゆる事業承継

社外への事業承継 ⇒ M&Aの実施

社内への事業承継

社内(身内)を含む事業承継の場合に重要になることは、事業承継対策は「亡くなってからではできない」ということになります。
事業承継はもちろん株式の承継についても誰に承継するのか、株式は誰に渡すのかは、自身で選択をする場合には、生前に事業承継に取り組む必要があります。

自身の相続はいつになるかわからない=株価対策は困難

自身が株の承継を決めていない=法定相続人が遺産分割協議によりその分配を決定

この結果として会社の継続に支障を及ぼすケースもあります。

このようなこととならないためにも、身内を含む社内承継の場合には、経営者が力のあるうちに「事業承継計画を立てる」ということが非常に重要となります。
そして、その計画に合わせて、各種の事業承継策を実行していくことが重要です。

事業承継計画の策定:基本料金100万円~(承継計画の内容、作業工程の内容によります)

 

社外への事業承継

最近では、身内に後継者がおらず、社内からは保証等の問題もあり後継者が見つけられないということも多くあります。
このような場合には社外から事業承継者を見つけることが必要となり、その手段がM&Aとなります。

税理士法人ウィズランでは、全国の会計事務所のM&Aネットワークに加盟し、社外への事業承継をサポートいたします。

これまで大切に育ててきた会社は自分の子供みたいなものですから、「売る」ことに抵抗を感じる方は多いと思います。
しかし、大切に育ててきた会社だからこそ、次世代にきちんと引継ぎ、雇用や技術、文化や地域経済を守っていくことは、いわば経営者としての大切な最後の仕事とも言えます。

当社のお客様でも、引退を検討し若手経営者への売却により退職金を確保し引退を実現できたケース、新しい事業者を見つけることで借入の返済が可能となったケース、既存の会社が新しい事業へ進出する際に他社を購入したケースなど、社外への事業承継により問題を解決できたケースがございます。

  • M&A仲介:200万円(1億円まで、1億円以上は200万円+1億円を超える部分につき1%)
  • FA業務:200万円(売り手もしくは買い手側のフィナンシャルアドバイザー業務を行います。)
  • 財務DD:100万円~
  • 労務DD:50万円~

 

ご相談
お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
0956-23-8338
受付時間/平日
8:30~17:30